Kisai BUZZ ブログ

IMG_3117

青春時代のあの人

2018年11月19日

こんにちは キサイ の高島です 今日のブログは先日 行って来た ”宇多田ヒカルのライブ”について 宇多田ヒカルは同い年で、まさに青春時代にずっと聴いていた音楽 人と一緒はイヤと思っていて、ハイスタやブラフマン、ハスキングビーを聴いて 浜崎あゆみ なんて聴かないと思っていた青春時代に 宇多田ヒカルは大好きだった 歌詞にとっても共感できたし、 […]

images-2

ハマり中 ご近所ご飯

2018年09月28日

こんにちはキサイ の高島です 食欲の秋になってきたので今日は自宅近くにある最近ハマっている飲食店をご紹介します          ”ento” 自宅から徒歩3分ということもあり ついつい足が向いていますだいたい 笑とっても素敵な女性が一人で切り盛りしていて、女性一人でも入りやすい雰囲気も魅力的。 店内の内装 […]

nbFmv%G4Qki7ejP%mxpZIQ

秋はシックなさりげないインナーカラー

2018年09月23日

こんにちはキサイ の高島です 今日、ご紹介するのは秋にオススメのインナーカラー 顔周り一線を残して耳上のあたりに 1回〜2回のブリーチのインナーをして、トーン暗めの色味のカラーをのせると 主張しすぎない、なりげない大人のインナーカラーに仕上がります     大人なボブスタイルに少しだけ個性を入れましょう!! &nbsp […]

z4kdAFhXSaSTNmtMJM9Thg

曖昧色の紫カラー

2018年09月06日

こんにちは、キサイ の高島です少しずつ秋めいてきましたねオシャレな人はそろそろ秋な感じも取り入れたいですよねwwそんな人には紫系のカラーリングがオススメです!!寒色 と 暖色 の間の色味で寒色にも暖色にも寄り過ぎない色具合がこの夏の終わりの曖昧な季節にピッタリです ブリーチで細かくハイライトを入れて上から ”紫”  を被せると 何とも言え […]

20160908-300x201

夏の終わりに 夏のダメージケア

こんにちはキサイ の高島ですちょっとづつ涼しくなって来てホッとしますね~でもここから夏の紫外線を浴び続けた髪の毛や頭皮のダメージが出てくる季節キサイ では髪にはオージュア のヘアケアラインで一人一人の髪質やダメージに合わせて担当のスタイリストが7種類のAujuaトリートメントをカスタマイズして、綺麗な髪の毛に近ずける手助けをします Auj […]

ux3GgXVvRveQmfGwv+p+IQ

久しぶりの映画は、今話題のアレ

2018年08月16日

こんにちは!! や〜〜〜っと観に行って来ました 今、とっても旬な映画 『カメラを止めるな!』 内容は絶対見た方がいいので解説しませんが、 まだ、観てない方是非っっっっっ とっても分かりやすい内容で、大声で笑えます!! とにかくオススメです!!     Aujua・COTA取扱店舗 頭皮・毛髪カウンセリング承っております […]

fullsizeoutput_2837

スタイリングが楽になるパーマ

2018年07月30日

こんにちは、 キサイの高島です。 少し前に10年ぶりくらいにパーマをかけてもらいました。 私は元々、ド直毛なのでくせ毛の髪に憧れがありました。 頑張っての動きの出なかった髪の毛が、とぉぉぉっても簡単に くせ毛風ショートにできちゃいます。             なによりもスタイリ […]

IMG_0720

今年の夏のスタイルに

2018年07月05日

こんにちは、キサイの高島です 早すぎる夏ですねー 毎日暑くてこの暑さに耐えられるか不安です そんな暑すぎる夏を乗り切るためにも、 ショートスタイルにしてみませんか? なんたってお風呂上がりのあのいまいましいドライヤーの 時間が短縮できる!! シャンプーもとっても楽になります。 ショートにルーズにパーマをかけたら女性らしくみせれます 女性ら […]

IMG_1269

早めにいただきました 夏

2018年06月30日

こんにちは、キサイ の高島です 驚くことに関東もう梅雨明けっっ!? こんなに早い梅雨明けは人生で初めてかもしれないですww 今日は少し前に一足先に夏休みを頂いたので、 夏休みのご報告ですww   今年の夏休みは久しぶりの海外!! タイに行ってきました〜       物価がとっても安くて、人も優しい、 […]

78DDB473-47A0-4593-929B-2B423B0E687D

一夏の淡い恋

2018年05月17日

こんにちは キサイの高島です。 だんだん夏めいてきていてちょっとだけウキウキしています 夏生まれのせいかやっぱり夏が好きだしウキウキします  笑   今日はそんな一夏の淡い淡い恋を描いた作品をご紹介しようと思います。 「僕の名前で君を呼んで」 対照的な青年二人の一夏の恋、とっても綺麗な2人に綺麗な景色が マッチしていて、眩しく儚 […]