Kisai BUZZ ブログ

「話しかけない」という接客

2017年08月17日

fullsizeoutput_131a
 
こんにちは。コスゲです。先日、読売新聞さんから話しかけない接客について取材を受けました。8月8日の朝刊に乗せてもらったことは親からの連絡で知っていたのですが、Yahooのニュースにも載ってたことは全く知らず友人数人から連絡をもらってビックリしました。
 
 
話しかけない接客っていうのは、今までの接客というと店員から色々商品の案内だったりお客様の要望を聞いたりしていたじゃないですか。それを極力せずに必要最低限のコミュニケーションだけにしてなるべく一定の距離を置いた上で接客する。という感じですかね。字のまんまで喋るのが嫌いな人にはあんまり喋らないってことです。
 
 
 

もちろん、全てのお客様にそうしているってわけではないです。僕のお客様はどちらかというとおしゃべりが好きな方の方が多いと思いますし僕自身も喋っていた方がよっぽど楽な性格なので…。
お客様のニーズに合わせてその人にあった接客をする。ということが大切なんですね。
 
技術はあって当たり前。
 
その上での提案力、空気感、相性…。
 
その中の一つの選択肢として話しかけないがあるんでしょうね。
 
 

当店では、初めて来店されたお客様にアンケートを行なっておりますがその中に「あまり話しかけられたくない」とか「静かに過ごしたい」や「物静かな美容師がいい」なんて選択肢があります。その逆で「スタイルの提案をしてほしい」や「賑やかな美容師に担当してもらいたい」なんてのもあります。正直、最後の賑やかな…っていう項目にチェックしている方は僕の記憶では見たことがありませんが…

 
 

静かに過ごしたいや雑誌を読みたいに多くチェックがされているということは美容室に来ていても一人の時間を大切にしたいということなんでしょうね。僕が美容師になりたての頃は先輩からとにかくお客様と話せ!とかって教わったんですが今はそうじゃなくなっているんですね。なんだか寂しいような気がしますが時代性なんでしょうね。
 
まぁ、でも考え方を変えれば技術に専念できるということですからよりヘアスタイルのことを考えられるということですし「話しかけない」というのもプラスに捉えるべきなんでしょうね。
 
 

技術で唸らせる美容師にならないといけませんね。精進します。
 

でもなんども言うようですが、僕はどちらかというと喋りたいです笑
 
でもこれからは「話しかけない」接客をしっかりやっていきます。